紫外線の影響からお肌をガードするために、晴れている日は日光から身を守ることが大切です。日焼けをすると、肌が黒くなったり皮が剥けたりするイメージがありますが、日焼けの弊害はそれだけではありません。日焼けをすると、皮膚の奥にまでダメージを受けることがあり、その結果、肌にシミやソバカスができたり、くすみなどの原因になったりします。しみやくすみといったお肌の問題を起こさないようにするには、紫外線を効率的に防止することが大事です。紫外線を防止する効果のあるスキンケア商品の代表的なものとしては、日焼け止めがあります。最近は、クリーム、ジェル、乳液など、色々なパターンの日焼け止めクリームが存在しています。中には、日焼けをしたくない場所にスプレーをすればいい、スプレータイプもあります。使用感や使用するシーンなどに合わせて、自分に合った日焼け止めを選べるようになっています。日焼け止めには、紫外線を防御する数値が表示されており、SPFやPAといったものです。紫外線はUVA波と、UVB波という2種類があります。SPFは、UVFをカットする役割を果たしているといいます。SPFの数値が大きいほど、日焼けし始めるまでの時間を長く延ばすことができるようになっています。一方、PAはPA+からPA++++までの4段階に分かれており、+がたくさんある時ほど、紫外線A波が肌に到達できないようにガードしてくれる働きが強くなります。