紫外線をたくさん肌に浴びてしまうと、悪い影響を受けることがあるのは、誰もが知っていることです。お肌を紫外線からガードするために、人間の肌は自動で防衛機能を働かせています。人間の肌には、メラノサイトという成分が存在しています。表皮の基底層にある成分で、メラニン色素を生成する機能があります。お肌の新陳代謝がきちんと行われていれば、メラニン色素の増えた部分は遠からず皮膚から除去されます。しかし、肌が健やかな状態ではない場合には、過剰なメラニン色素は排出されずに、肌の内側に残存してしまいます。体外に排出されずに、皮膚の中にいつまでもメラニン色素があると、お肌にしみができたようになる可能性があります。長時間の日焼けをしてしまうと、それだけ守ろうとする力は強くなるために、メラノサイトの働きも活性化することになります。メラニン色素が増えると、美白や美肌が損なわれますので、紫外線をできるだけ浴びないようにすることが重要になります。皮膚の健康にとって、紫外線がもたらす働きはネガティブなものが多く、肌の保湿力を引き下げてしまうものです。水分を失った肌は弾力性を失ってたるみやすくなり、代謝が低下して肌荒れがしやすくなります。紫外線は皮脂膜をはじめとして細胞間脂質など大事な機能をお構いなしに弱くさせます。肌が乾燥すると、たるみやしわが増えるだけでなく、肌自体が保っていたバリアー機能が失われ、ダメージが大きくなります。